活動 / 団体紹介

クリーンエイドとは clean + aid の造語です。 私たちの活動は自然をきれいにして生きものたちを助ける活動です!

活動紹介

海に親しみ、海を好きになってもらうことで、その海を守ろうという気持ちが生まれます。私たちは綺麗な海を次世代へ引き継ぐために様々な活動を行っています。

クリーン活動

ライフスタイルの見直しに結び付くクリーン活動を各所で行っています。

クリーンエイドとは clean + aid の造語です。ごみを拾って綺麗にし、自然環境を守る活動です。クリーンエイドのごみ拾いはただのごみ拾いではなく、参加者の環境意識を高めることも目的にしています。そのために、ごみを拾い終わったあとの「ふりかえり」時間 を大切にしています。「ふりかえり」とは活動した感想やごみの印象 を話し合い、これからどのようにすればごみが自然界にでてしまわないか考え、それを発表する時間です。また、ごみの種類と数を数える調査活動を推進し、そのデータを積み上げ、発生抑制対策に繋げることにも努めています。

普及啓発・環境教育

子どもから大人まで、自然を愛し大切にする心を拡げています。

環境保全の第一歩は自然を好きになることです。アウトドア体験を通して自然の大切さを実感してもらうことが重要ですが、普段、自然と馴染みの薄い人たちへは、問題の深刻さを他人事でなく自分事にしてもらうことが必要です。私たちは調査活動で得たデータや、最新情報を普及啓発活動に活かし、自然を大切にする心を拡げていきます。

think globally, act locally

地域での活動を、地球規模の環境保全活動と連動させ、活動の輪を拡げます。

環境保全問題は危急の社会課題です。マルチステイクスホルダー・プロセスにより、各主体の役割分担を明確化し、かけがえのない地球環境を次の世代に引き継ぐことが必要です。私たちは地域(足元)の活動を全国や世界(国連)の動きと連動させ、活動の輪を拡げていきます。

 

団体について

私たちの団体は海を愛してビーチクリーンを行っている人たちが集まった、多彩なメンバーが母体です。現在、活動拡大に向けて基盤を準備しています。

代表あいさつ

ごみ問題は拾うだけでは対処療法です。
根源療法は教育や普及啓発による発生抑制対策ですが、長期的なビジョンを持って社会を変えなければなりません。
国連の SDGs でもすべての人が力を合せ、社会をより良い方向に変革することが提唱されています。
私たち一人一人の力は微力でも無力ではありません。尊く唯一無二の地球を次世代へ一緒に引継いでいきましょう!

五十嵐 実

 

団体沿革

2014年08月
Facebook グループ「湘南ビーチクリーン倶楽部」を開設
2015年08月
団体名を「湘南クリーンエイド・フォーラム」へ改名。
2018年06月
(NPO)荒川クリーンエイド・フォーラムと本格的な連携を開始。
現在
NPO 法人化に向けインフラ、組織基盤を整備中。
 

オブザーバー

 

東京農工大学

高田秀重 教授

東京海洋大学

兼廣春之 名誉教授

環境保全活動家

佐竹敦子 氏

環境カウンセラー

栗岡理子 氏

 

 

メンバー紹介


 

運営委員募集

団体を一緒に運営しませんか?



環境問題に関心がある、イベントに参加するだけでは物足りない、同じ目標の仲間が欲しい、などなど理由は問いません。まずはお気軽にお問合せください!

 

運営委員応募フォーム

* お問い合わせ内容によっては、お答え出来ない場合もあります。

* あらかじめご了承をいただけますよう、お願いいたします。

 
 

 

パートナーシップ

 

 


会員登録

寄付・協賛

CSRサポート・講演依頼


Top